あなたの内なる子を守ってあげる

自分の存在そのものを愛されなかった子供は、
自分を愛する術を知りません。
大人になったら、
自分自身の失われた子供を養育し、
母のようにその子を世話してやる必要があります。
子供は単純な事を欲しています。
聴いて欲しいのです。
愛されたいのです。
言葉を知らずとも。
自分の権利が守られ、自尊心が侵害されない事を求めます。
そしてあなたがそこにいる事を必要としています。
傷ついたインナーチャイルドを保護し、守ってあげる事が必要です。
幼い子供にはそれが必要です。
あなたの傷ついた子は新しい親としてのあなたを信頼できるか迷っています。
ある時は完全に信頼しますが、ある時は恐れ、とまどうでしょう。
なぜ?
今までその存在にも気づかず、
どれほど傷ついていたかも知らなかったのです。
そして気を配る事もできませんでした。
こうして何年も過ごして来た訳ですので、
あなたの傷ついたICといい関係を築くには
時間をかけてチャイルドの信頼を得てゆく事が必要となってきます。
そうです、時間をたっぷりとかけてあげてください。
あなたを信頼するまで、あなたが守ってくれる存在であると
472560確信するまで、、、th_057

自由の子 旅の途中で

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中