コーヒーと癒し

一杯のコーヒーがリラックスをもたらす……。じつはこれ、単なる気持ちのせいだけではないのです。
このことを証明するため、杏林大学の古賀良彦教授のグループは、ある実験を行いました。

実験に用いたのは、挽いたコーヒー豆、レモン油、蒸留水の三種類。
これらの香りを順に人にかいでもらい、そのつど脳のアルファ波を測定し、
リラクゼーション効果の度合いを調べるという実験です。
アルファ波は、リラックスした状態であるほど多く出現します。

他の二つに比べ、コーヒーの香りをかいだときに、突出してアルファ波が出現しました。 

同時に、認知や情報処理という、いわば頭の回転に与える影響も
、脳の電位を測るという方法で調べてみました。目で見て物事を判断したり、
処理する際、コーヒーの香りが脳の機能を活性化させるかどうかを調べる実験です
。結論は 、頭を使っているときにコーヒーの香りをかぐと、電位はより高くなり、
脳の働きが格段に向上するということが判明しました。
癒し系の豆は深煎りのグァテマラとブルーマウンテンという結果がでたそうです!
 
私たちの5感の1つである臭覚は心地よい香りを判断して取り入れ
リラックス効果を自分に供給させるんですね!


ネットビジネスはこちらから

広告

コーヒーと癒し」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中