PTSD

心的外傷後ストレスとは何ですか何年か前,心的外傷後ストレス障害(PTSD)は普通,砲弾ショック,あるいは戦争神経症と呼ばれ,おもに戦争からの帰還兵を対象に研究されていました。* 今日,事情はずいぶん変化しています。PTSDと診断されるのは,兵士だけではありません。何らかの精神的外傷<トラウマ>となる体験をした人はPTSDになる可能性があります。
その体験は,戦争からレイプ,自動車事故までさまざまです。米国立PTSDセンターが発行している印刷物にはこうあります。「PTSDと診断されるのは,トラウマとなる出来事を経験している場合である」。それには,「何らかの身体的負傷や暴行,あるいはその脅威にさらされたことが関連している」のです。
前の記事のジェーンはこう述べています。「あとで分かったのですが,突然の恐怖のせいで,ある種のホルモンが大量に分泌され,それらのホルモンのために感覚機能が危険を過剰に警戒するようになります。ホルモンは,普通は危険が過ぎ去ると正常値まで下がりますが,PTSDになった人は,高い状態のままです」。もう過去のことなのに,その時の恐怖は,まるで立ち退き要請を無視して居座り続ける厄介な借家人のように,ジェーンの心に住み着こうとしているかのようでした。
もしあなたが深い心の傷を負い,同じような後遺症を抱えておられるとすれば,そのような経験をしているのは自分だけではないということをぜひ知ってください。レイプに関する著書の中で,リンダ・E・レドレーが説明しているように,PTSDは「正常な人間が自分ではコントロールできない恐ろしい状況に遭遇した場合に見せる正常な反応」です。
PTSDを正常と呼んだからといって,トラウマの経験者がだれでもPTSDになるというわけではありません。レドレーはこう述べています。「1992年の研究では,レイプの1週間後に被害者の94%がPTSDの診断基準に合致し,47%は12週間後もその状態にあった。1993年にミネアポリスの性的暴行リソース・サービスに相談した女性の50%はレイプの1年後もPTSDの診断基準に合致していた」。
こうした統計からも分かるように,PTSDは,大方の人が考えるよりずっと多く生じています。そして,あらゆる種類の人がさまざまなタイプの事件の後でPTSDになっています。著述家のアレグザンダー・C・マクファーレンとラルス・ワイサスはこう述べています。「最近の研究によると,トラウマとなる出来事は,兵士や戦争被害者だけでなく,平時の民間人にも頻繁に起きる。そして,そうした出来事を経験してPTSDになる人は少なくない」。医療処置や心臓発作がきっかけでPTSDになった人もいます。
上記の著述家たちは,「PTSDはかなり一般的な障害であることが明らかになった」と説明し,さらにこう述べています。「アメリカの若者1,245人を無作為に選んだ調査によると,その23%は,他の人に対する暴力行為を目撃したことがあるだけでなく,自らも身体的または性的暴行を受けた経験があった。そのような若者の5人に1人がPTSDになっていた。これは,米国のティーンエージャーおよそ107万人が,現在PTSDになっていることを示している」。

ネットビジネスネットビジネス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中