ジミーヘンドリックスとトラウマ

27歳で散った才能!
悪魔と時を過ごしたジミヘンの苦悩

母ルシールは17歳の若さでヘンドリックスを産んだが、遊び好きで家庭を顧みないところがあったといわれ、幼いヘンドリックスを置いて出奔し、数年後に亡くなっている
母ルシールが出奔してしまったため、ヘンドリックスはルシールの姉夫婦の元で育てられていたという
生い立ちにおいて機能不全家庭の影響をしっかり受けています
ヘンドリックスはノラからインディアンの昔話を聞かされるのと同時に、居留地で希望のない生活を送るインディアンたちの姿を目の当たりにしていたという(ヘンドリックスの談話)
彼の歴史の中での表現を共有して頂きたい、、

自由の子問い合わせ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中